アトピー 症状

顔の皮膚に酷い炎症ができていて、外出が億劫になってしまった人へ

顔に炎症が出来て赤い腫れができた、外出したくない……そんな気分になる方も居るかと思います。すれ違う人の目が気になることもあるかもしれませんが、基本的には周囲の人々は、全く気にしていないか、皮膚炎を患ってる方なんだろうな、お大事に、と思いながら通り過ぎるかのどちらかです。他人が何を考えているんだろう、とあまり気をまわし過ぎないようにして下さい。皮膚炎に限らず、病気を抱えている方にとってはストレスが一番の大敵です。

そうは言っても気になる! というのは当然のことでしょう。女性の方であれば、周りの女友達は皆化粧してお洒落を楽しんでいるのに、自分は化粧するわけにもいかず、取り残された気分になってしまうかもしれません。しかし、アトピーの症状を良くするためであっても、顔の痒みを叩いたりつねったりして我慢するのは控えて下さい。実は、アトピー患者さんの中には痒みを叩いて抑える癖のせいで酷い内出血を起こしたり、目周りを叩くことによって網膜剥離を起こす方も珍しくないのです。

アトピーは酷くなり続けるということはありません。赤みが出て、乾燥し、または汁が出て、落屑期を迎え、健康な肌を取り戻します。そこからまたアトピーの症状が出るわけですが、体質改善や治療が効果を出し始めれば、アトピーの症状が出る期間も徐々に短くなります。顔のアトピーについては、難しいかもしれませんがなるべく気にしないようにし、治療に専念しましょう。

「海水浴に行くとアトピーが治る」と言われている理由

海は夏の風物詩です。多くの方が家族や友人と海水浴に出かけた経験をお持ちでしょう。実は、アトピーの人が海水に浸かると皮膚が治癒するらしい、とまことしやかな噂があることをご存知でしょうか。アトピーはアレルギー性皮膚炎の一種で、原因は人それぞれ。治療法にも個人差があります。なのに、海水浴が多くの方にとって「アトピー治療に効果がある」と考えられている理由は、どこにあるのでしょう。

まず考えられるのが、「海水の殺菌効果」です。海水には殺菌効果があると言われているのは、ご存知の方が多いのではないでしょうか。皮膚の状態が悪化しているときは、免疫機能が低下し、黄色ブドウ球菌などが繁殖して余計に酷い症状を生み出していることがあります。菌が原因で症状が悪化している際に海水浴をすることで、殺菌作用が働き症状が改善されるのだろう、ということです。ちなみに、海水だけではなく紫外線にも強い殺菌作用があります。海水浴では、海水&紫外線のダブルパンチで皮膚に付着した菌を減らすことができます。

次に考えられるのが、「ミネラル効果」です。海水にはたくさんのミネラルが含まれており、中には皮膚の浸透圧を正常にしたり、血行を促進したり、免疫力を上げたりする効果を持つものがあります。海水浴をするとこで、皮膚や口内に海水が入り、粘膜から吸収され、アトピーの症状に良い影響をもたらすのだろう、ということです。

そして、これらの効果を増すのが、海水が「自然」の成分でできていることではないでしょうか。アトピーの方の中には、石鹸に含まれる合成界面活性剤や、水道水に含まれる塩素、保湿剤や化粧水に含まれる様々な合成化合物に皮膚が負けてしまっていることがあります。身体を殺菌し保湿するための家でできる対症療法の内、多くは合成化合物に頼ることになりますが、もしそうしたものに皮膚が負けてしまっているなら、効果もなかなか現れません。時には逆効果になることもあるでしょう。

「海水浴に行くとアトピーが治る」というのは言い過ぎかもしれませんが、少なくとも対症療法としては有効だと考えられます。夏は海水浴に行って、症状の経過を見てみると良いのではないでしょうか。

にがりが皮膚炎に効果があると聞いて、購入を検討されている方へ

にがりをご存知でしょうか。海水から水分や塩分を取り除いてできる、塩化マグネシウムを中心としたミネラルの塊です。豆腐を作るときの凝固剤として利用されていたものだったのですが、最近はその栄養価の高さが注目を集め、家庭料理などに用いる方も増えているようです。実は、このにがり、皮膚炎にも効果があると言われているのです。

にがりに含まれるミネラルは、塩化マグネシウム、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどです。こうしたミネラル成分は、身体の新陳代謝や免疫力を上げたり、身体の再生能力を高めたりします。加工食品に囲まれている現代人は、ミネラル不足と言われています。そして、恒常的に皮膚炎を起こしている方は、健康な人に比べ、皮膚を健康に保つためのミネラルをより必要としています。まず皮膚炎になり、皮膚炎を治癒するためにミネラルを消費しミネラル不足になり、ミネラルが不足するためまた皮膚炎にかかりやすくなり……という悪循環が生まれやすいのです。にがりは、皮膚炎に悩まされている方のミネラル不足を解消するのに丁度良いのです。ただし、「にがりが皮膚炎の特効薬である」とまでは言えません。皮膚炎によるミネラル不足の悪循環を断つという、補助的なものとして利用するのが良いでしょう。

にがりを摂取する際には摂りすぎにならないよう気をつけなければなりません。塩分や糖分などの他の栄養分と同様に、ミネラルも過剰摂取すると健康には害になります。一度の食事でにがりの原液を丸々一パック飲んで、亡くなった方の例もあるようです。様々な栄養分の中でも、ミネラルは適量の範囲が狭くなっています。不足もせず摂りすぎにもならないために、パッケージの説明書きを参考に丁度良い量を継続的に摂取するよう心がけて下さい。

アトピーに水道水が良くないと聞いたことはありますか

アトピーには水道水が良くない! と聞いたことはないでしょうか。水道水には塩素が含まれていますが、その塩素によってアトピーが誘発されるというのです。塩素がわずかに細胞を痛めるのは事実です。たとえば、プールに入った後、そのまま髪の毛を乾かすとごわつくはずです。これはプールの水が塩素消毒されており、一般の水道水と比べて塩素濃度が高いためです。細胞にやや刺激の強い塩素が、アトピーの原因となっているのではないか、と言われているのです。

アトピーは一種のアレルギー性皮膚炎で、全ての人が同じ要因とは限りません。しかし、実際に水道水を飲まないようにしたり、塩素を中和させてお風呂に入るようにしたりすることで、アトピーの症状が改善されたも多いようです。そういう方の場合、水道水が直接の原因であった、もしくは水道水によって症状が悪化させられていたのでしょう。必ず症状が良くなるとは断言できませんが、市販のビタミンC粉末などで簡単に塩素除去ができるので、一度試してみると良いでしょう。また、柑橘系にもアレルギーがあって、という方の場合、ネット通販でかなり安価(30袋で1000円以下)に売られているお風呂用脱塩素剤などもあるようなので、そうしたものを利用するのも良いかもしれません。

日本の水道水は世界各国のものに比べて、塩素濃度が高めに設定されています。海外に行って症状がマシになった、というは、もしかすると日本と比べて水道水が肌に合っていたのかもしれませんね。

アロマテラピーがアトピーに有効とは本当かどうかを調べてきました!

アロマテラピーとは、植物由来の芳香成分を使って、心を落ちつけたり健康や美容を促進する行為全般を指します。有名なのは、フレグランスキャンドルやお香に火をつけたり、精油を用いてディフューザーで香りを楽しんだりする方法などではないでしょうか。また、最近ではアロマエステも流行していて、芳香成分を含んだオイルでマッサージを楽しむ人も増えています。ちなみに、市販されているアロマオイルは、注意書きもあるように、皮膚に直接触れてはいけません。自宅で知識なくアロマエステを行うのは難しいでしょう。

香りが心を落ち着けるというのはわかるけど、本当に身体に影響を与えてくれるの? と疑問に思う方も居るでしょう。実は、アロマテラピーは必ずしも嗅覚を刺激するに留まるものではありません。アロマの香る空気を吸い込めば、成分は粘膜から体内に取り込まれます。エステで身体にオイルを塗りこめば、勿論皮膚からも吸収されていきます。由来する植物によって様々な作用があり、血行促進作用や免疫強化作用、保湿作用を持つものもあります。そうです、こうした作用を持つアロマがアトピーにも有効なのではないか、と言われているのです。

しかし、アロマの持つ健康・美容促進作用は、あくまでも補助的なものです。肌に潤いを持たせたいなら、アロマテラピーをする前にまず化粧水などで直接的に保湿した方が有効です。アトピーを治したいのであれば、アロマテラピーをする前にアトピーの治療を受けた方が有効なのです。肌に潤いを持たせたいならまず化粧水を、アトピーを治したいならまずしっかり医療機関で診察・治療を受けた上で、アロマテラピーも利用すれば、より良い効果が見込まれるだろう、ということです。

アトピーの症状を抑えるためにアロマテラピーやアロマエステを利用してみたい、という方は、あらかじめ専門家に相談することをおすすめします。アロマの中には、シナモンやバルサムなど、敏感肌の人やアレルギー体質の人には刺激が強く、肌荒れを招きやすいと言われているものもあるからです。アロマエステを行っているところでは、「アトピーの方向け」「敏感肌の方向け」のコースを用意しているところもあります。最初にそういったところで施術を受けて、色々と相談してみると良いでしょう。肌に合うアロマを教えてもらえるはずです。ただし、「アトピーはアロマで治せる!」などと過剰なアピールをしているようなところは避けた方が無難です。

アトピーにおける最も大きな敵はストレスとも言えます。アロマテラピーを利用して、ストレス解消しつつあわよくば症状も緩和できたらいいな、という気持ちで利用してみるのが良いかと思います。

肌の湿疹を刺激しない石鹸は、どういった成分でできているか

肌に湿疹が出来ているときに一番気を使うのが石鹸ではないでしょうか。お風呂上がりは血行が良くなることで、一時的に皮膚の痒みが悪化します。また、一度濡れた状態から乾燥するにかけて、皮膚に必要な水分まで一緒にとんでしまい、痒みが増すこともあります。そのように、一時的な悪化を感じることの多いお風呂後の時間ですが、そこで更に合っている石鹸を使うか、合っていない石鹸を使うかによって、感じる症状にも大きく差が出てしまいます。

肌の湿疹は何らかのアレルギー反応であるという見解が有力です。湿疹が出やすい体質、出にくい体質はあるとしても、何らかの外的要因によって症状が誘発されていると考えられるのです。実は、このアレルギーを起こす外的要因の一つに、石鹸に含まれる界面活性剤が挙がっています。肌を殺菌し、油分を落としてつるつるにしてくれる界面活性剤ですが、肌の湿疹に悩まされている人の中には、まさにこの成分に弱い方が居る、と言うのです。中でも、市販のシャンプーやボディソープに含まれる合成界面活性剤は肌への影響が高いと言われています。肌の湿疹の原因には個人差があるので、必ずしも界面活性剤が原因とは言えませんが、実際に石鹸やシャンプーの使用をやめて湿疹が引いたという方も居るので、一度チェックしてみると良いかもしれません。

肌の湿疹がアレルギー反応である場合、なるべく合成化合物の少ない無添加のシンプルな石鹸がおすすめです。最近は無添加や自然植物から作った石鹸が流行しており、様々な種類が売られています。しかし、自然植物の中にもアレルゲンを含むものはあるので、ハーブ配合! ○○種類の漢方成分が! というものよりは、本当に真っ白で余分なものの入っていない石鹸の方が無難ではあります。こだわりがなければそうしたものを選びましょう。

皮膚の炎症に乾燥が重なって落屑が酷い……そんなときの対処法

皮膚の炎症に乾燥が重なると、皮膚の一部が白くなってぽろぽろと落ちてくることがあります。これは落屑(らくせつ)と呼ばれるもので、乾燥した皮膚の表面が角質化し、剥がれ落ちてしまうのです。酷いときは一日中あちこちから落屑が出てしまい、人目が気になって憂鬱になることもあるかと思います。しかし、だからといって無理矢理に皮膚の表面をこすってはいけません。剥がれ落ちる前の、完全に角質化していない状態の皮膚を無理矢理剥がしてしまうのは、健康な皮膚を引っ掻いて捲り上げているのと大差ないのです。柔らかい布で優しく拭うなど、なるべく肌に刺激を与えない形で、自然に取り除いて下さい。

外出時どうしても落屑が気になる場合も、無理に取り除こうとすると落屑の激しい期間が逆に伸びてしまうことがあります。また、乾燥を防ぐために何度も保湿剤を塗るのも、こうした症状が出ている時期には効果は薄いです。なるべくいつも通りのケアを心がけて下さい。顔周りが気になる場合はマスクや帽子などを活用すると良いでしょう。日焼け止めなしで紫外線を避けられる効果もあるので、より肌に優しい対処法となります。すれ違う方も意外と気にしていないか、気付いても皮膚の炎症でそうした症状が出ているんだろうな、と察するものなので、外観を気にして落ち込む必要はありません。

落屑はダニの温床となることも知られています。ダニは肌の炎症を悪化させます。毎日落ちるのでキリがない! というのが実際ですが、それでもなるべく頻繁に掃除機をかけたりコロコロをかけたりして、ダニが繁殖しないように心がけて下さい。特に布団やコタツといった、長時間接しやすい家具の周りを中心に掃除すると効果的です。

この落屑は、脱ステロイドや漢方治療をされている方の場合、快方に向かっているサインの一つとされています。落屑の時期に無理に皮膚を刺激せず、じっと耐えていれば、少しずつ元気な肌が姿を現してきます。こうした症状がある時期に最も有効な対処法は「我慢」です。身近な人に協力してもらいながら、症状の回復に努めて下さい。

アトピーはうつらない!ただし他の皮膚疾患にはうつるものもある

「アトピーはうつらないの?」と疑問に思われる方は意外と絶えません。アトピーは一種のアレルギー性皮膚炎で、菌やウィルスが原因の病気ではありません。したがって、花粉症がうつらないのと同じように、アトピーも人にうつることはないのです。

肌の湿疹はおおむね似たような症状を示す場合が多いです。赤みのあるぶつぶつができる、腫れる、掻き毟ると汁が出る、乾燥して白くなる、肌から落屑が起こるなどが主な症状で、多くは痒みや痛みを伴います。アトピーの方は殆どの症状が身に覚えのあることでしょう。ゆえに、全く知識を持たない人が、湿疹の症状を見て、アトピーとの違いを判別できないのは当然のことです。今は診察すればわかりますが、昔の人はアレルギー性皮膚炎とタムシ(水虫の一種)の違いも判別できていなかったと言います。

「うつる肌の湿疹」で最もわかりやすいのがタムシでしょう。また、赤ん坊に多い脂漏性皮膚炎も真菌が原因になるもので、免疫力が低下している人同士でうつることがあります。また、アトピーの方の体液に触れて痒みが出たりすると、うつったのではないか、と感じる場合があるかと思いますが、その場合にもアトピーそのものがうつったのとは違う要因が考えられます。アトピー患者の方は肌の免疫力が低下しがちなので、体液が滲むほど症状が悪化している場合には、他の皮膚疾患を併発していることがあります。そうした皮膚疾患がうつることは考えられますし、皮膚疾患とは全く関係なく、敏感肌の人の場合であれば「他人の体液に触れた」ことで痒みを感じることもあります。

アトピー性皮膚炎の症状は、どうしたら緩和できるのか

アトピー性皮膚炎の症状は多岐に渡ります。湿疹や極度の乾燥、掻き毟ることによって肌から黄色い汁が出てきたり、肌の角質が乾燥して固まり落屑を起こしたり……いずれも強い痒みや痛みを伴うことが多く、患者さんは非常に辛い思いをされます。こうした症状はいかにして緩和すれば良いのでしょうか。

対症療法として一番有効なのは、やはりステロイド剤です。ステロイド剤といえば強い副作用のイメージがありますがが、現在は研究が進んでいて、医療機関できちんと診てもらえば、症状に合わせて副作用が最も出にくい形で処方してもらうことができます。ただし、ステロイド剤はあくまでも対症療法に過ぎず、アトピーを治癒する効果はありません。また、途中で使用をやめるとリバウンドが起こりやすく、使用する以前よりも悪化した症状が見られることから、ステロイド剤を嫌う人も多いです。

根本から治癒したいということであれば、ステロイド剤以外の有効な治療法を見つける必要があります。アトピーは一種のアレルギー性皮膚炎と考えられ、原因も治療法も個々人によって大きな差があります。食事療法で治ったという人も居れば、引っ越して治った、石鹸を使うのをやめて治った、水道水の塩素除去に取り組んでから治ったなど、様々な方法で症状が治まったという人が居ます。誰しもが治るものなら治したいと考えているでしょうが、実際に治すためには、様々な治療法にトライしてみて、自分は何が原因でどんな治療法が効くのか、一歩ずつ模索していくしかありません。

肌の炎症や湿疹に効くローションってどんなもの?

肌の炎症が起きているときには、ローションは使うべきなのでしょうか、使わないべきなのでしょうか。市販されているローションに含まれる合成化合物が、肌の炎症を誘発しているという研究があります。それは一部真実と言えるでしょう。というのも、肌の炎症は一種のアレルギー反応として起こっていることが多く、ローションに含まれる合成化合物を吸収した皮膚が、拒絶反応として炎症を起こすことがあるからです。しかし、必ずしも肌の炎症が出ている人全員にローションが良くない! とも言えません。

肌の炎症が起こっている場合、表皮細胞は荒れ、潤いも油分も足りない状態になっています。こうした、肌のバリア機能が低下した状態のまま放っておくと、黄色ブドウ球菌やその他の雑菌の温床になりかねません。また、肌が極度に乾燥すると痒みや痛みを伴います。それらの不具合を起こさないために、肌そのものが自分で賄えなくなっている潤いや油分を、外から補ってやることが必要となってきます。

それではどのような成分のローションを選ぶと良いのでしょうか。自分に合うものが見つかっていないのであれば、合成化合物が含まれていない無添加の、なるべくシンプルなものを使うことをおすすめします。というのも、やはり合成化合物が使用されているローションの方が、皮膚疾患を抱えている方にとって刺激が強いからです。特に最近は、肌への浸透力が強いものが多く売り出されています。健康的な人にとっては潤いを与えますが、肌が敏感になっている方にとっては、いざ合わなかったときに悪化の症状が強く出る確率も高いです。しかし、「自然」から作り出された成分も、必ずしも刺激が弱いとは言えません。毎年酷い花粉症の人が出ていることからもわかります。したがって、無添加の製品の中でも、「何十種類のハーブ配合」「各種の漢方成分を含む」などのものは避けた方が無難です。自分に合わないものが含まれている可能性が高い上に、万が一合わなかった場合に原因が特定できないからです。肌の炎症が起きているときは、「無添加の、なるぺくシンプルなローション」を使うように心がけましょう。

1 2 3 4 >