質の良い睡眠はバストアップにも効果的?睡眠とバストアップの関係

7c1e42ccc1926814a24b5108de39dd0b_s

私たちの睡眠は体の色々な働きや機能と深い関係があり、睡眠不足になるだけで体は不調を起こしますヾ(。>﹏<。)ノもちろんバストアップも睡眠と関係があり、寝不足はバストアップの妨げとなります!毎日の生活習慣を見直す事がバストアップの鍵となるのです(´・ω・`)

 

1.質の良い睡眠とは?

 

成長期の子供たちは、良く食べることとよく寝ることが非常に大切です。良く食べることは、栄養を食事から取りこんで体内に摂取することが目的です。体を大きくする材料が揃わないと、大きくすることは出来ません。そしてその取りこんだ成長の栄養分を種々のホルモンを分泌させて、体を大きく、強く、ガッチリと作りこんでいくのです。その成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。特に子供の場合、睡眠中に多量の成長ホルモンが分泌されるので,子供にとっては睡眠は非常に大切なものになるのです。女性のバストも、子供の成長とよく似たところがあります。バストアップを促進する成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、バストアップを真剣に考えるならば、様々な手法を用いることと並行してしっかりと睡眠をとることが必須になります。バストアップの方法には、マッサ-ジとかサプリメントとか外科手術とかがありますが、シリコン封入以外はしっかりと並行して睡眠をとることが大切になります。逆に、特殊な事情があって 寝るのが遅かったり、寝不足をすると、女性ホルモンの量が少なくなるのでバストアップには悪影響が出るのです。

 

2.バストアップに欠かせない女性ホルモンが分泌される時間帯

IMG_9970

睡眠がもバストアップも含めて、ホルモンで促進される様々な変化に非常に重要であることは良く知られています。そうはいっても、ただどんどん寝なさいということではなくて、寝る時間が大切なのです。具体的には、時間帯は午後11時~午前2時です。この時間帯はよく「ゴールデンタイム」とも呼ばれています。疲れを取るためのホルモンが出るのも、この時間帯なので、同じ睡眠時間の長さならば、この時間帯を挟み込むような取り方が望ましいと言えるでしょう。例えば7時間睡眠で、午後11時~午前6時の睡眠を取る場合と、午前2時から午前9時まで睡眠を取る場合を比べると、全然疲れの取れ方が違います。前者の方が起きた時の体の軽さが違います。女性の場合は、成長ホルモンだけでなく、女性ホルモンも1番活発に出てくる時間帯にも当たります。そして特に思春期が一番分泌量が多いです。つまりバストアップを意識する年代では、夜はきちんと寝ることが、思いの他、大事なことになるのでした。昼間、チョコチョコ寝てもバストアップにはつながらないのですね。

 

3.バストアップと睡眠の関係

 

若者に限らず、人間はいつもどこかは成長しています。若者の場合、それが全身で起きているので、思春期の成長ということで特別視されるようになります。基本は、体の中での新陳代謝が起きている限り、必ず成長、あるいは変化が起きます。その新陳代謝を促すのが、睡眠であります。バストアップは成長ホルモンが多く分泌されて、細胞レベルでの新陳代謝が促進されることで進行します。つまり成長ホルモンが良く分泌するように睡眠をとることを心がけることで、新陳代謝も活性化されるのでバストアップもより加速されることがあります。果報は寝て待てという諺がありますが、バストアップもある意味では寝て待てばいいのかもしれません。

 

4.早寝早起きはバストアップに繋がる

5f020dd5dc363b09ac62ca329bf730b7_s

よく「ゴールデンタイム」とも呼ばれる時間帯は、午後11時~午前2時であります。この3時間のあいだは、ベットで寝ていることが大切なのです。バストアップも含めた成長現象にはホルモンが欠かせません。その成長ホルモンは夜寝ている時によく分泌します。だから、バストアップを真剣に考えている女子は、午後11時~午前2時は布団の中でしっかり睡眠をとることが大切になります。そうなると、自然と早寝早起きの形になるので「早寝早起きはバストアップに繋がる」と言われるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です